人見知りの私にピッタリなのは電話占いしかないと思った

電話占いは本音で相談が出来る場所。

学生の頃から友達と言える人はごく僅かでしたが、結婚して家庭の中に入ると、学生時代の頃よりも友達と呼べる人はいなくなりました。子供を通した、ママ友たと呼べる人は上辺だけの付き合いをしてきましたが、もともと人に上手い事や気の効いた事を言えない私は、ママ友たちの中でも徐々に孤独感を味わうようになりました。

子供の友達もママなんだから、ちゃんと仲良くしないと子供にも迷惑がかかると思ったので、私なりに頑張ってきましたが、やはり意志の疎通が上手く行かなかったり、価値観のずれも生じてしまい、いつの間にはランチやお茶の席に私だけ誘われなくなっていたのです。

当初は呼ばれていないことにも気がついていましたが、行事で学校へ行った時に、みんなの会話の中でその事が分かりました。私は両親や姉にも昔から相談事をした事がありませんが、結婚後が余計に相談などは出来なくなったので、結婚してから4~5年が経過して孤独感にさいなまれた時に、占い頼りたいと思ったのです。

でも、対面式の占いは普段上手に人と話せないのだから、余計に話など出来ないと思ったのです。そんなタイミングで電話占いという場所を知りました。

電話占いの口コミを読んでいると

  • 占い師さんのお顔が見えないのでて話がしやすい
  • 人とコミュケーションを取るのが苦手な方なでも大丈夫

という口コミを見つけたので、電話占いには運命的なものを感じたのです。

そこからは、口コミで人気の電話占いを探して、まずは人とのコミュケーションを取るのが苦手だと言う相談をしたいと思いました。

一度目に鑑定をお願いした占い師さんとはとても相性の良さみたいなものを感じたので、その後は、同じ占い師さんを何度も指名したり、気分で違う占い師さんにお願いする事もありました。

私の良い部分を引き出してくれる電話占い

電話占いという場だと、不思議と本音を話せている自分がいるので、いつからか?電話占いの存在は私の精神的な安定を図る場所だと言う事に気がつきました。なので、今回、ママ友との上手な付き合い方や私の接し方などについて占いをしてもらいました。

いつものごとく、電話占いの占い師さんには本音が言えたので、私が心の奥底で感じている違和感などについても話しました。

すると、電話占いの占い師さんからは意外な言葉が出てきたのです。

私は私のカラーが強くあって、たまたまそのカラーと価値観が合わない人と今はいるだけだから、違う場所へ行けば私と価値観があったり、心が安らぐ人と出会える。

…と言われました。

また、ママ友の事を気にしたり、心を病んだりしている時間が実に勿体ないから、これまで通り、自分の距離感や自分のタイミングでママ友は接すれば問題ないと言われました。また一番心配だった、子供とママ友の子供さんたちの関係性が崩れないか?聞きましたが、全く心配することはなく、実は子供の世界の中では私の子供は上手にバランスを取ってやっていると言われました。

一番聞きたかった部分が聞けたので、気持ちが楽になりました。その時ほど、電話占いを頼って良かったんだと思った事はありません。

またその後、私が趣味でしている事があるのですが、趣味の会のイベントでとても価値観がある人と知り合えました。学区は違いますが、子供さんも家の子と同じ年なので、地域の祭りやイベントに一緒に参加したり、気がつけば割と何でも話ができている事に気がつきました。

そんな風にしていたら、学校のママ友ともまた自然な流れでおしゃべりも出きる環境になりました。あの時は自分一人でバタバタをもがいていたのかな?と思うくらおです。
また日常的に電話占いを頼ってしまいそうですが、私にとって逃げ場所になっているので、今後もお世話になります。